Q&A集

Q&A

メインページ »» ネットトラブルについてのQ&A

Q&A一覧


友達から届いたメールの内容がとても怖いもので、そのメールを5人以上に転送しなければ呪われて死ぬとあったのですが、どうしたらいいですか?
それは、チェーンメールといわれているものです。
メールの内容は、幽霊や呪いなどで恐怖心をあおるもの、反対に恋愛がうまくいったり、幸せになれるおまじないといったものなど、さまざまですが、受け取ったメールを「5人以上」とか「できるだけ多くの人」に転送するようにという一文が必ず書かれています。

内容に関わらず、チェーンメールは転送しないことがマナーです。
チェーンメールを受け取ったあなたは被害者ですが、それを転送すると、今度はあなたが加害者となってしまいます。

チェーンメールを受け取った時は、すみやかに削除して止めてしまいましょう。
それでも、どうしても不安に思うような時は、誰かに回してしまわずに
「撃退!チェーンメール(財団法人日本データ通信協会 迷惑メール相談センター)」といったチェーンメールの捨て場となってくれる場所がありますので、そういった所に転送するようにしてください。

利用した覚えのないサイトから、「未払い分の料金が発生しています。至急連絡ください」といったメールが届いたのですが、どうしたらいいでしょうか?
突然そんなメールが届くと、驚きますよね。利用したことを忘れていたのかな・・と心配になって、問い合わせをしたくなるかもしれませんが、もしも身に覚えのない請求であれば、安易に連絡をとるのは大変危険です。

こういった架空請求のメールは、不特定多数のメールアドレスに送信されており、相手から「もしかして・・・」と問い合わせがくるのを待っているのです。
一度連絡を取ってしまうと、しつこく「支払わなければ法的措置をとる」などと脅しの電話やメールが届くことになります。面倒に巻き込まれることを恐れて、請求された金額を振り込んでしまうと、次から次へと同じようなメールが届くようになってしまいます。

架空請求の被害にあわないためには、そういうメールに反応しないことです。
もし返信してしまい、相手からしつこくメールが届くような場合は、指定着信拒否で相手のアドレスを拒否設定したり、自分のメールアドレスを変更したり、といった対策を取るようにしてください。

また、そういったメールが届いたら、絶対に自分一人で解決しようとせず、必ず親や学校の先生に相談するようにしてください。

無料とあったので、クリックしたら、変なサイトに勝手に入会させられてしまいました。 すぐに退会のメールを送ったら、10万円振込まなければ退会させないと言うメールが返ってきました。どうすればいいですか?
無料とあったのに、クリックした途端、知らないサイトに入会させられたといった「ワンクリック詐欺」の被害が増えています。これは不当な請求なので、支払う必要はありません。このような場合、メールや電話をしてはいけませんが、もし既に連絡を取ってしまっていて、相手からメールや電話で返事がくるのなら、指定着信拒否で相手のアドレスや番号を拒否してください。

また、「Eメール設定」の中に「メールフィルター」という項目があり、PCから送られてくるメールを拒否したり、受け取りたいメールのアドレスだけを受信したりするように設定することもできます。

こういったメールが届いたら、絶対に一人で解決しようとせず、必ず親や学校の先生に相談してください。もし、相手側から脅しのような連絡がくるようであれば、親と一緒に消費者センターや警察に相談するようにしてください。

あるサイト上でリンクをクリックしたら、知らないうちにアダルトサイトに入会させられてしまい、7万円の振り込み請求の画面が出て、その画面が消えません。振り込めば画面は消えますと書いてあります。どうすればいいのでしょうか?
これは、違法なサイトです。登録完了と出てもお金を支払う必要はありません。
また、お金を振り込んでもその請求画面は消えません。一切連絡を取らず、無視するようにしてください。請求画面は、以下の方法で消すことができます。(Windowsの場合)
1.スタートボタンより、すべてのプログラムを選択
 アクセサリ→システムツール→システムの復元 を選択
コンピュータを以前の状態に復元する。(サイトを見た日よりも前に日付を設定)

※上記の方法で消えない場合は、以下の方法も試してみてください。
2.ワンクリックウェア駆除ツールを利用する。
  下記のソフトウェア配布サイト「ベクター」より、無料の「ワンクリックウェア駆除ツール」というソフトをダウンロードして駆除する。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se485314.html 

3.「msconfig」を使って、Windows起動時に自動で立ち上がるソフトを停止させる。
スタート→ファイル名を指定して実行→「msconfig」と入力→全般タブの「診断スタートアップ」にチェックを入れ、「適用」を押す。

こういった被害に会わないためにも、必ずウイルス対策ソフトは入れておくようにしてください。ウイルス対策ソフトが入っていれば、サイトにアクセスする前に「このWEBサイトは危険」と警告が出ます。

個人情報って何ですか?
個人情報とは、氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、学校名、バイト先、顔写真など、個人を特定できる情報のことです。
名前と住所、あるいは顔写真と学校名が分かると、たった二つの情報で、個人を特定する事ができてしまいます。

プロフやブログサイトに、個人情報をのせてしまっている生徒が多くいます。
友達同士での交流を楽しむだけなら、問題になることはないかもしれませんが、ネットの世界では、どこで誰が見ているかわかりません。

日常の生活では出会えないような、様々な人と簡単に出会うことができることは、ネット社会の大きな魅力の一つですが、ネット上に流出した個人情報をきっかけに悪意を持った人と出会ってしまい、トラブルに巻き込まれてしまうケースも増えています。

一度ネット上に流出した個人情報を完全に消してしまうことは不可能です。情報が簡単にコピーされてしまうからです。特に顔写真は悪用されやすく、勝手に出会い系やアダルトサイトに会員登録されてしまうこともあります。

トラブルに巻き込まれずにネットの世界を楽しむためには、個人情報を出さない工夫が必要だということ、忘れないでください。